読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間があってもやりたいことはそんなにない

おいしい物とか面白い映画とかツボにはまったお話だとか。いいなと思ったことや日々感じたことを載せますよ。そしてたまにアフィリエイ。いい人ぶらずにゲスいことも発言してゆきたい。

ソードアート・オンライン オーディナル・スケール 感想みたいな考察的な

 久しぶりのブログですよ。

 はーどすこいどすこい。

 半年くらいぶりにブログ書きたくなっちゃうくらい良いものを観てまいりました。

ソードアート・オンライン オーディナル・スケール』です。

 超良かったです。ソードアート・オンラインファンのみなさんと熱く語り合いたい。以下に私が良かったなって思う感想的なやつと気づいたこと作中で矛盾っぽかったとこを書いていくのでまだ観てない人は注意です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回全体的にめっちゃ良かったんですけど、しかし強く言いたいのはラストバトルでアスナがマザーズロザリオ打つシーン。

 ちょっと尊すぎませんか……。アスナの剣にユウキが手を添えてるとこ! 弱いから、そういう演出弱いから……。最後の戦いでこれまでにお別れした仲間が助けに来てくれるシーンとかみんな大好きだから……。

 それまではけっこう冷静に見れていたんですけど、ダメですね。ユウキが出てきた途端に涙が。

 今回私はかなりというかたぶん観客の中でいっちゃん前に座っていたので(ギリギリに行ったら他に席がなかったんや……)、他の皆さんの様子とかわかんなかったんですけど、皆さんあそこで涙腺ぶっ壊れたんじゃないでしょうか。あれはずるいですよ! だってフラッシング・ペネトレイターでもスターリィ・ティアーでもなくマザーズ・ロザリオなんだぜ? もう死んじゃったあの子が超ピンチに助けに来てくれるんだぜ? 仮にあれが実際はユウキが来てくれたんじゃなくてアスナのイメージだったんだとしても、あそこで手を重ねてる姿を想像できちゃうくらいの何かがあるんだぜ? 一昔前の自分なら陳腐な演出だよねぷぎゃーとか言ってたかも知んないんですけど、もうね、最高ですよ。陳腐ってつまり王道ですよ。最高ですよ。ていうか全然関係ないんですけど「ふらっし」まで入力した段階で「フラッシング・ペネトレイター」を予測変換で出してくるgoogle日本語入力超優秀じゃないですか……? なにこれ怖い……。

 閑話休題

 今回のチケット代はあのシーンを見るために払ったような気さえしています。

 アスナとユウキの友情が熱いオーディナル・スケール。ぜひ皆さんもう一回観に行きましょう! 私は行く!!

 

 ということで今回ちょっと疑問とか気づいたことについて以下。

  1. エイジがなんか奴らに復讐がうんたらとか言ってたけどなんなん?
  2. なんで最初はユナちゃん(本体)の声聞こえんかったん?
  3. なんでランキング上げないとだめだよってユナちゃん(本体)言うとったん?
  4. これがお前の強さの秘密か! みたいなこと言ってキリトが首からぶちーしたらどうにかなったけど、あんなデバイスで強くなれるん?

 まず1について、これちょっと観ててよくわかんなかったというか納得できなかったんですけどただの逆恨みですよね……? 攻略組ばっかみんなに記憶されてるけど、他にも目立たずに生きるてるプレイヤーはいたんだぜ、的な。いや私が言うまでもなく、ばっちり作中でノーチラス君が主張してましたけど。それを復讐って言われるとなんとなくわかりづらかったですね。最初の描写の仕方だと風林火山の面々に個人的な恨みがあるように見えましたし。つーかあいつ逮捕しよう。

 

 2についてはもう全然わかんないんですけど、なんとなーくSAOサバイバーから記憶を集めて存在が強くなってきたからかなーって気がしますよね。

 

 3。これは彼女がユイちゃんの存在を知らなかったからそう言ったのではないかなって気がしますね。だってラスボス明らかに勝てる強さじゃなかったじゃないですか。アスナマザーズ・ロザリオとその他大勢の友情パワーでなんとかなりましたが、ユナちゃん(本体)の想定では、ランキング一位になって不死身になったキリトがゴリ押しにゴリ推してなんとか勝つ! みたいな作戦だったんじゃないでしょうか。とか言って終盤ライブ会場でランキング一位じゃないキリトにフルダイブ促したりしていますが、きっとあれは苦肉の策だったのでしょう。そうに違いない。行間を読むべし。

 

 そして4! あのデバイスって絶対ニューロリンカーの走りですよ! あの謎デバイスによって彼の知覚速度は大幅な向上を見せていたに違いない。フィジカルバースト的なことをやっていたのだ。それで壁が走れるかまではちょっと疑問ですが、きっとそうだ。あとついでにオーグナーの記憶をどうにかする機能を使って臆病な自分をどうにかもしていたような気がしますよね。ユナちゃん(ガチ本人)が死んじゃったときも足が竦んでしまっていたくらいですから。きっとそう。やつはヘタレだ! あとあいつ逮捕しよう。

 ついでに言えばラストシーンでガチ犯罪者の重村教授がラースに案内されるシーンで、アリシゼーション予告! みたいな感じになっていましたが、実はあれはアクセルワールド誕生の下地が整った瞬間であったにも違いありません! きっとこれから重盛教授の技術はラースの技術と合わさってニューロリンカーが作られて、茅場だか和人だかその他の誰かだかがブレイン・バーストを作り上げるに違いないんだ……。

 

 と、勝手に妄想してみましたがこんな感じです。

 オーディナル・スケール。素晴らしい映画でした。まだ観て無くてここまで読んじゃった方はいないと思いますが、もしいたらぜひ映画館へ。

 最高ですよ。

睡眠

お題「朝ごはん」

 

 はぁああ、どすこいどすこい。

 睡眠です。

 最近睡眠が足りていないのです。もともと良くなかった頭がさらに残念なことになっている気がします。人としゃべっていてもとっさに言葉が出なかったり、作業にまったく集中できなかったり、かといって何か別のことを考えているのかと言えばそうでもなくただぼーっとしてしまったり、やりたい! ってめっちゃ思っていたはずのことにもなんだかやる気が出なかったり等々。

 これすごく欝っぽくないですか、具体的な欝の症状はあんまり知りませんけども。

 最近ね、寝るのがね、遅いんですよね。しかも何か目的のあることをして遅くなっちゃってるわけじゃなくて、なんか知らないんですけど12時過ぎてそろそろ寝ようかなってなると、思いついちゃうんですよね。

 あの漫画って最後は覚えてるけど最初はどんなだったっけ? とか、今日まだヘッドショットしてないし一戦だけやっとくか、とか。もうほんと用事とかないのに誰かに連絡しちゃったりとか。もう止まんないですよね。

 あーこれよくないなーってわかってても、一時間から二時間くらいやっちゃって、それから布団に入ってもなんだか目がさえて結局眠れなかったり。朝になってめちゃくちゃ後悔して、よし今日こそ早く寝るぞ! って思っても、今日木曜だし、明日頑張れば休みだからいっか……みたいな理由でまた夜更かししちゃったり。

 とか書いていると、自分のダメさにちょっと眩暈がしてきますね! 27歳ピチピチスレンダー系男子としてちょっと恥ずかしい。二十後半ってもっと大人だと思っておりました。こういう言い方すると自分がスタンダートだって言ってるみたいであれですが、きっと皆さんもこんな感じだと信じたい。

 まあそんなわけなので、朝ごはんなんてもちろん食べないですよね! 朝飯? 食ってる暇があったら一分でも長く寝るよ! 朝ごはん食べられる人って一体どんな鋼の意思を持っているんでしょうか。時間ぎりぎりまで寝ていたくなったりしないんでしょうか。

 そーいえば仕事を始めてから一回だけ朝ごはんを食べたことがありました。近所ってほどでもないんですが、朝7時からやってるわりと人気なお店があって、職場の人とそこに食べに行ったのでした。7時45分くらいに家に帰ってきて、一回寝なおして仕事に行きましたが。辛かったのでもうやりたくありません。ちなみにすっごくおいしかった。最近話題になっているだけありました! 私は関東に住んでいるのですが、このお店のために関西から来る人もいるっていうのは本当だな! って一瞬思いました。今では冷静になって絶対嘘だって思っています。

 ふ……特に書きたいこともなく書き始めたらやっぱり取り留めのない内容になってしまったぜ……ちょっと脈絡ないにもほどがありますが、私も朝ごはんをしっかり食べられる人間になりたいです、まる。

FINAL FANTASY XV

今週のお題「映画の夏」

 

 何週間か前のお題ですが勘弁していただきたい。

 そしてFF15は発売延期ですか(この記事を書こうと思ったときはタイムリーな話題だったんや……!)。しかしディレクターのコメントで出てくる極上クオリティっていう単語は、なんていうかこう、無理やり書かされた読書感想文みたいな……いやこれはニュアンスなんですけど……なんかそんな感じがしてちょっと雑すぎない? って思いました。

 そしてその雑すぎないって感想は今週のお題にも繋がってくるわけなのです。

 観てきました、KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV !!!

 ご覧になった皆さんの(掲示板とか)が良かったのですっごくワクワクしながら観に行ったんですが……ざ、雑ー! 展開超雑! ちょっと登場人物の皆さん自分の欲求に従いすぎじゃないですか……? 流れとか雰囲気とか考えましょうよ、と突っ込みたくなること多々。

 しょっぱなから偉そうに文句をつけてしまって恐縮することしきりなのですが、そのくらいFFに期待していたということで一つ。

 以下ネタバレをとっても含みます! これからご覧になる予定の方は注意してください!

 

 

 

 

 

 

 

 まずはどんな内容だったかざっくり言ってしまうと、とある国の首都が攻め落とされるまでのお話でした。攻め落とされたのはクリスタルを擁していた魔法の国(?)ルシスで、攻め落としたのは機械の国(たぶん)ニフルハイムです。

 主人公が属するのはなんちゃって魔法王国ルシス。主人公は故郷をニフルハイム帝国に攻められて(滅ぼされてはいない様子)ルシスに落ち延び、移民で組織される『王の剣』という組織の一員となっていました。なんとこの世界で魔法が使えるのはルシスの王族だけらしく、その力を貸し与えられているのが王の剣です。つまり王の剣も魔法が使えます。特殊部隊です。

 物語は王の剣がどっかの拠点を防衛しているところから始まり、速攻で負けます。ニフルハイム帝国の『シガイ』と呼ばれる新兵器っぽい何かに良いようにやられます。『シガイ』超強そうです。明らか人間じゃ勝てない見た目をしています。ゲームでは戦えるのでしょうか。楽しみです。『シガイ』とか言われていますがめっちゃモンスターっぽい。ベヒーモスとか何頭も飼ってました。なんじゃそりゃ。どっちかっていうとモンスターは魔法国家が使うべきなんじゃないの? なんて思ってしまいますが、こんな疑問で躓いていたらこの映画は最後まで見られませんし、この記事だっていつまで経っても書き終わりません。そうこうしている間に二週間近く過ぎてしまいました……(白目

 もうほんとにつっこみ所だらけで、いくら主人公がかっこいい台詞を吐こうが展開が熱かろうがCGが美しかろうがぜんっぜん! 気持ちが盛り上がらなかったので、クリエイターさんには恐縮することしきりなのですが、くっそつまんなかったという感想で締めたいと思います。

 もうほんとひどかったんですよ! 何の意味もない登場人物の死(こいつが死んだことによって一人悪堕ちしましたが、それもマジで意味ない。逆に面白い)。敵国の将軍を自国の将軍として採用してしかもそれに最後まで気づかない。なぜか接近に気づけない敵飛行部隊! 七人くらい(出てこなかっただけかもわかりませんが)のテロ組織にいいようにやられる首都警備のがばがばっぷり。あっさり姫様を連れ去られる要人警護。首都が攻められることを知りながら、何の備えもせずにただ王子を脱出させることを優先した王様。そしてそのことを指摘されるもなぜかドヤ顔で「そうだ(知ってた)」とか言っちゃう馬鹿っぽさ。

 締めるとか言っておきながらしつこく書いちゃったぜ。だってほんとうに酷いと思ったんですもの……。 

  あんまり文句ばっかり言ってもあれなので、でもでもff15には期待しています! というスクエニ信者アピールで今度こそ終わりたい。

 

アマゾンプライムデー

今週のお題「セールの戦利品」

 アマゾンプライムデーで椅子を買いました!

 これです!

 

AKRACING ゲーミングチェア PRO-X-GREY 灰

AKRACING ゲーミングチェア PRO-X-GREY 灰

 

 

 これ見よがしに商品張りやがってこいつ……たまにアフィリエイトとか自己紹介に書いてあるけど、ばんばんやる気じゃねぇか。

 と思ったそこのあなた! 私もアフィっていきたい気持ちはめちゃくちゃあるんですけど、こないだアマゾンからお前んとこコンテンツすくなすぎっからやっぱID取り消すわ。ってメール来てました! ひどい!

 いくら私のブログに張られたリンクで買い物される方がいても私に一銭も入ってこないので、安心してください(ベヘ顔※

 

 まあそんなこんなで椅子を買ったわけです、上のやつ。で、それが今日届いたのです。プライムデー価格の四万円で手に入りましたが、元値は五万する椅子です。こうして書くとあんまりお得感もありませんが、まあしかし五万の椅子です。ドキドキワクワクですよ。

 ちょっと無駄知識を披露しておくと、地面と自分の間にあるものにはお金をかけた方がいいって話があります。ここであげられる物には諸説ありますが、私は勝手に布団、椅子、靴の三つがメジャーな説だと思ってます。大体腰に関係ありそうなラインナップですね。

 今回私は椅子にお金をかけてみたわけですが、受け取ってみてびっくりしました。

 めっちゃ重い。

 こりゃ高級感ありますわ。お値段イジョウなあのお店で買った椅子とはわけが違うぜぇ! とノリノリで開封してみてさらにびっくりですよ。

 何にびっくりだったかというと、↓の写真を見ていただきたい。

f:id:gramdring:20160715201553j:plain

 

 ふふふ、大天使アヴァシンに目が行きがちだと思いますが、今回気にしていただきたいのは、二本のレンチ。いやこれどっちもおんなじ大きさですやん。大小各一個ってなんすか。小小やんけ。予備一本いらないから大くれよ……。

 こらもうがっかりですよ。組み立てられないんですけど。欠品の場合は弊社宛にご連絡くださいって下に書いてありますけど、受付時間9:30~12:00 / 13:00~16:30(土日祝日を除く)ってなんすか。ってどの層に向けた営業時間だよ……えぇ? 祝日無理ってあと三日間パーツの状態で置いとくの……? ダンボールに入れとくにしたってダンボール自体おっきいしクソ邪魔なんですけど……。

 とか言っている間に後輩からワークマンでレンチ売ってるよ! ってアドバイスが来ました。そうか。レンチは売っているのか。そりゃそうだと思いますが、違う。そうじゃないんだ。

 このモヤモヤをどうしたらいいのでしょう。かといって、クレーム受付窓口にがなりたてるのもなんか違う。映画館の売店でホットドッグを買って、ケチャップがセルフサービスだったとき、カウンターのバイトさんに「それがサービスなの?(おこ」とか言っちゃう親父を持つ男として、そういうことはしたくない。反面教師は大事にしていきたい。

 つぅかそもそも仕事のミスに定評のある自分としては他人のミスにも寛容でありたい。そうじゃないと、実際自分がミスったときの「やっちゃいました(テヘペロ」に迷いが生まれてしまう気がする。自分を許すにはまず他人から。適当に書いてますけどこれけっこう至言じゃないですか。

 そんなわけで、このたっかい椅子(庶民感覚)のレビューはもうちょっと先のことになりそうです。早くて明日!

 

※ベヘ顔↓

f:id:gramdring:20160715200403p:plain

 

 

インデペンデンス・デイ

  そんなこんなでインデペンデンス・デイ・リサージェンスを観て来ました。

  なんだか前作とはちょっと毛色が違ったように思えましたが、私は楽しめました。1と2で方向性とか違ってくるのはハリウッドではよくあることですしね!

 それが特に印象的だったのは、ニコラス・ケイジゴーストライダーでしょうか。1のラストでは、「お前頑張ったからゴーストライダーじゃなくしたるわ。そんな骸骨変身もう嫌やろ」という真のラスボスっぽい奴からの申し出に、「俺はゴーストライダーをやめる気はねぇ……お前を倒すまでな!」ビシッとかっこよく決めていたのに対し、2では冒頭から「ゴーストライダーやめたぁい……」ってぼやいてましたからね! 前作全否定ですよ。

 それはともかく、インデペンデンスデイです。

 ざっくり1について説明すると、独立記念日祝おうと思ったらなんか宇宙船が侵略に来た! これはもうあれだ、宇宙からも独立記念日だ! 人類は負けない、宇宙船落とす! という20年前のSF映画です。ウィル・スミスの出世作としても有名ですね。

 インデペンデンス・デイがいかに良い作品であるかは、さまざまな方がすでに言葉を尽くしてくださっているので多くは語りませんが、これだけは書いておきたいことがあります。

 それは、エイリアンをしっかり「物」扱いしているということです。

 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、法律上エイリアンは動産(物)なんですよね。犬と同じ扱いです。どんなに高度な知識を持っていても、意思があっても、物です。世知辛い。

 そしてこのことについて弁護士の大西先生はツイッターで次のようにおっしゃっておりました。

 ちょっと先生センスありすぎじゃないでしょうか。 

 そしてインデペンデンス・デイのどこでエイリアンが物扱いされたかというと、ウィル・スミス演じるヒラー大尉がエイリアンの戦闘機を撃墜した直後のシーンです。墜落した戦闘機のハッチをあけると飛び出してきたエイリアンを足蹴(殴ったんだっけ?)にヒラー大尉は言い放ちます。

「It's barbecue !!!(焼いて食うぞこらぁ!)」

 It! 物! 物扱いちゃんとしてるー!

 いやまあ、だからなんだって言われたらそれまでなんですが……。

 明日使える無駄知識ということで一つ。もしこれからインデペンデンス・デイをごらんになる方がいらっしゃったら、誰かに紹介していただけると、無駄知識の輪が広がって大変よろしいと思います。

 

 リサージェンスの内容については、まだごらんになってない方も多くいらっしゃると思うので今回は触れないでおこうと思います。

 ただ、別にネタバレでもなんでもないので言ってしまうと、今回続編なのにウィル・スミスが出てないんですよね。どうやら有名になりすぎてギャラが高額になりすぎたのが問題だったとか、彼自身がギャラもっと挙げろとか家族も出演させろとか言ったのが問題だったとかそうじゃないとか。何が真実かはよくわかりませんが、ウィル・スミスが出てたら、もっといい作品になったんじゃないかなぁと残念無念です。

 そして特に意味もなく中国出身のパイロットとか指令が出てきているあたり、資本主義の冷たい波を感じますね! トランスフォーマーロストエイジみたいな。いやでもめっちゃ美人さんでした!

 前作と同じ気持ちで観に行くと裏切られるかもしれませんが、純粋にSF映画を観に行くと思えば間違いなく楽しめる作品です。前作を観ていない方はぜひこの機会に!

 下のリンクから!(ゲス顔

 

 

 

 

 

 

 

サウナ、おっさん

 というわけでスーパー銭湯に行ってきました。

 スーパー銭湯の何がいいってタイトルにも書きましたがサウナがあることです。

 毛穴は綺麗になるし脂肪は燃えるし、汗だくになったおっさんが横で体操なんか始めると弾けた飛沫が顔とかに飛んできてもう最高ですね。

 と、なんか新しいことをやろう! と思って小金も稼げそうなブログを始めてみたところ、思いのほか記事を書くのって大変だったので、今日はこのへんにしておきたい所存。この記事以降二度と記事を書かないなんてことのないように頑張りたいです。